2024年WORCS第5戦:カリフォルニア州ブライス

2024 ロッキー マウンテン ATV/MC WORCS シリーズが今週末、毎年恒例のカリフォルニア州ブライスのショーティーズ MX パークに立ち寄りました。深い砂と速いストレートからなる個性的なコースです。エンデュランスこそが勝負の名前であり、450 つのプロ クラスすべてでレースを通してリードが交代しました。ジャスティン・ホーフトが3プロで250シーズン目の勝利をもたらし、メイソン・セメンスがXNUMXプロでXNUMX年連続の勝利を収めた。

デア・デマルティールは450プロクラスをレース終盤までリードしました。コナー・ムーアによる写真。

80月の暖かい週末は、ショーティーズに晴れた空をもたらしました。気温は450度半ばで、風もあったのでこれまでで最も暑い季節となった。 Dare Demartile は Beta USA 3 を先頭に置き、早い段階できれいな空気を手に入れました。タイラー・リンはスタートでちょっとした事故を起こし、最後尾からスタートすることになったが、それでも差を縮めて早めにミックスに加わることを妨げなかった。彼はチームメイトのコール・マルティネスやパーバインズ・レーシングのジャック・シンプソンとの戦いでいくつかの動きを見せ、デマルティルとホーフトに次ぐ3位の地位を固めた。彼はレース終盤に上位5台との差を縮め、そのままフィニッシュした。典型的なヘフトのやり方で、彼はスムーズにレースをスタートさせ、デマルティールに大幅なリードを築いたが、中間地点あたりでハンマーを下ろし始めた。残り数周でヘフトがデマルティールにパススティックを決めてリードを奪った。彼らは激しい戦いを繰り広げたが、ヘフトがデマルティールにXNUMX秒弱の差をつけてトップに立った。リンはジャック・シンプソンとともにXNUMX位でレースを終え、タイラー・ベルナップはトップXNUMXでフィニッシュした。

ライアン・スラット

250 Pro クラスでは、すべてのレーサーが互角に対戦するため、毎週末、最も接戦で最も興味深い戦いが繰り広げられます。 RPM FMF KTM Racingに所属するオーストラリア人ライダー、メイソン・セメンスがスタッククラスの先頭でホールショットを獲得した。渓谷を下る直前、彼はわずかに転倒し、コルトン・エックにパスを許しリードを奪いましたが、彼はすぐにバイクに乗り、ポジションを一つ失っただけでした。エックはしばらくの間、ハッチ・レーシング・カワサキでセメンスの猛攻を阻止したが、数周の白熱したレースの後、セメンスは彼を回避する方法を見つけた。ハスクバーナで飛躍の年を迎えたコール・ゼラーは不運なスタートを切ったものの、それでも周回を重ねるごとに速度を上げ、クラスを一つずつ突破していった。クラス争いは今のところほぼ毎ラウンドゼラーとカイ・アイエロの間で行われているようだが、今回も例外ではなかった。 5位争いをしていたゼラーは彼を回避する方法を見つけたが、後半のほとんどで両者の差はわずか数秒のままだった。残念ながら、コルトン・エックはメカニカルトラブルにより首位争いが早々に終わった翌日に優勝を中止せざるを得なくなった。セメンスはゼラーにわずかXNUMX分差でゴールし、WORCSでのラウンドでXNUMX度目の勝利を収めた。チームメイトのジェイク・アルバレスともう一人のオーストラリア人サム・プレッチャーはトップXNUMXに入った。

ジャスティン・ホーフト

ノア・ゴードンはプロアマクラスでゲートから飛び出し、他のフィールドとの間に十分な距離を置いた。レースが続く中、彼の後ろでは激しい戦いが続いた。ジャクソン・グラサーはエンジン始動が荒く、先頭に立つまでに苦戦を強いられた。彼はゆっくりとライダーを引き離し、レースのほとんどでかなりのリードを保っていたゴードンに次ぐ2位になりました。残りXNUMX周でゴードンがショックを起こし、リードを再確認することになった。グラサーはそれを利用して、過酷なXNUMX時間のレースを終えてゴードンの前にXNUMX秒も満たない差でゴールした。レーサーのフライとケイデン・リンもチェッカーフラッグまで同様のバトルを繰り広げ、フライがXNUMX秒強でリンに勝利した。

メイソン・セメンス

土曜日、125プロクラスにはライアン・サラットが並び、このところの好調な記録を継続することを目指していた。サラットは、モトの早い段階でトリスタン・アルバレスをパスした後、砂漠でその赤ちゃんを歌わせることができました。残念なことに、スラットは今週後半に肩の手術を受ける予定だ。トラビス・デイモンが3位となった。女子プロは土曜日の午後に並び、ミケイラ・ニールセンが一眼レフ・ホンダを限界まで押し上げて優勝し、ケイトリン・ジェイコブスが2位となった。

 

コメントは締め切りました。

edit