2024 スーパーエンデューロ 第 4 戦

ハスクバーナのビリー・ボルトは、2024 年のスーパーエンデューロ世界選手権で XNUMX 勝 XNUMX 敗となっています。ルーマニアのクルージュで行われた今週末のイベントで、彼はベータのジョニー・ウォーカーと再び対戦した。夜の終わりまでに、ウォーカーがXNUMXつのレースのうち最初のレースを制し、ボルトが残りのXNUMXつのレースを制した。

プレステージ全体
1.ビリーボルト(Husqvarna)57ポイント
2.ジョニーウォーカー(ベータ版)54ポイント
3.マヌエルレテンビヒラー(KTM)43ポイント
4. ドミニク・オルショウィ(リエジュ) 37pts
5. エディ・カールソン(ハスクバーナ) 31点

プレステージレース1
1. ジョニー・ウォーカー (ベータ) 11周、7:07.645
2.ビリーボルト(ハスクバーナ)11周、7:21.009
3. マヌエル・レッテンビヒラー (KTM) 11周、7:23.827

プレステージレース2
1.ビリーボルト(ハスクバーナ)11周、7:07.496
2. ジョニー・ウォーカー (ベータ) 11周、7:10.431
3. ドミニク・オルショウィ(リエジュ) 11周、7:31.001

プレステージレース3
1.ビリーボルト(ハスクバーナ)11周、6:45.093
2. ジョニー・ウォーカー (ベータ) 11周、7:06.612
3. マヌエル・レッテンビヒラー (KTM) 11周、7:13.515

チャンピオンシップ順位表(第4ラウンド後)
1.ビリーボルト(Husqvarna)239ポイント
2.ジョニーウォーカー(ベータ版)220ポイント
3.マヌエルレテンビヒラー(KTM)153ポイント
4.ウィル・ホア(リエジュ) 146pts
5. ドミニク・オルショウィ(リエジュ) 132pts

2024年FIMスーパーエンデューロ世界選手権で3年連続の総合優勝を果たしたおかげで、ハスクバーナ・ファクトリー・レーシングのライダーは、19ポイントのリードを保ってXNUMX月XNUMX日にハンガリーのブダペストで開催される第XNUMX戦に向かうことになる。

ビリー・ボルト:「レースが進むにつれて勢いが湧いてきた夜だった。スーパーポールとレース1ではトリッキーなスタートとなったが、レース2で勝利を収めたことで自信を取り戻した。ライディングの調子が良くなり、最終レースでは総合優勝を目指して全力で臨みました。スーパーポールの展開にはガッカリした。私は間違いを犯しましたが、時にはこういうことが起こることを受け入れなければなりません。全体として、今夜の結果には非常に満足しています。怪我にもかかわらず、我々は再び勝利し、チャンピオンシップのリードをさらに強化しました。」

コメントは締め切りました。

edit