2024 チェロキー ナショナル エンデューロ プロ結果: トスとターシャが最高の栄誉を獲得

MSR とベータ モーターサイクルズが主催する 4 年レッドライン オイル AMA ナショナル エンデューロ シリーズの第 2024 戦が、ジョージア州グリーンズボロの歴史あるロッキー マウンテン ATV/MC チェロキー ナショナル エンデューロで開催されました。ジョシュ・トスがシーズンXNUMX連勝を飾り、いつの時代も素晴らしいレース展開が続いた。

イベントのMack Faintの写真をお楽しみください!

トスは最初の10マイルセクションで出てきて、開始直後から43秒という圧倒的なリードを築いた。この日はテスト5が放棄された後、トスはカウントされた6つのテストのうち7つで勝利し、リードを築くことができた。数日が終わるまでに、トスが1分28秒差で勝利した。 「テスト 1 で寝ている少年たちを捕まえたような気がします」とトス氏は言いました。 「かなり良いリードを築くことができたので、そこからは残りの時間はスムーズに、安定してプレーすることを心がけました。」

エンデューロ・エンジニアリング・ガスガスのライダー、ジョシュ・トスは現在、シリーズ順位でスチュワード・ベイラー・ジュニアに対して21ポイントのリードを保っている。

NE Pro1 クラス結果
1. ジョシュ・トス、GASGAS
2. ジョニー・ジロワール、FMF KTM ファクトリー・レーシング
3. スチュワード・ベイラー・ジュニア、川崎

ジロワールは先月のナショナル・エンデューロの最新ラウンドを欠場したが、今日ジョージア州グリーンズボロでKTM 350 XC-Fに乗って試合に復帰し、勝利には届かず1分28.167秒XNUMX秒でゴールした。安定したスタートを切ったにもかかわらず、ジロワールはXNUMX回目のテストでなんとかトップに立ち、シリーズ常連勢の中でも競争力があることを証明し、今年XNUMX度目の挑戦でXNUMX度目の表彰台を獲得した。

ジョニー・ギロワール: "良い一日だった。最初のテストでは寝てスタートして5位くらいだったので、そこで何をしていたのかよくわかりませんが、それ以外は前進して、とても楽しかったです!前回のナショナル エンデューロ ラウンドでは並ぶことができませんでしたが、今回は戻ってくることができてうれしいですし、残りのラウンドにも参加したいと思っています。」

ロッキーマウンテンATV/MCレッドベアレーシングのカワサキライダー、スチュワード・ベイラー・ジュニアが総合表彰台の3位を獲得した。ベイラーは「今日ここでジョシュが上手くて、勝つのは難しいだろうということは分かっていた。私は彼を徹底的に叩きのめし、告発しようとした。一日の終わりにようやくテストに勝ったのを見てうれしかったが、そのセクションが放棄されたのを見てがっかりした。私が表彰台に上がり、レイチェルがレディースクラスで優勝したので、チーム全体にとって良い日でした。」

NE PRO2 クラスで 8 位、総合 XNUMX 位は Nathaniel 'Bubz' Tasha でした。バブズはグラント・デイビスが今シーズン記録していた連勝記録を破り、AM-Proヤマハをトップステップに押し上げた。バブズは「私のバイクは特にエンデューロ向けに作られています。セットアップについて心配する必要はなく、トラック上で自分の仕事をすることができます。それが今日の勝利に貢献した」

FMFファクトリーKTMランダース・レーシングのライダー、グラント・デイビスは肋骨骨折と闘っていたが、それでもNE PRO2クラスで2位、総合では9位を維持することができた。

一方、FMF KTM ファクトリー レーシング チーム ランダースの優勝候補デイビスは、2 連勝で NE Pro250 クラスのポイントリードを保ってチェロキー ナショナル エンデューロに臨み、今週末は XNUMX 位となり、ランキング上位の地位を維持しました。彼は最近骨折した肋骨からまだ回復中ですが、KTM XNUMX XC-Fで再びクラスで競争力を発揮しました。

グラント・デイビス: 「この週末はちょっと走り回って、肋骨が治るまではぶつけないように気を付けていたし、スノーシューGNCCも控えているので、それに向けてできるだけ強くなりたいと思っている。テスト4ではかなりひどいクラッシュをしてしまいましたが、今日はみんなが良い走りをしていたので、2位で抜け出すことができてうれしく思います。」

NE Pro2 クラス結果
1. ナサニエル・ターシャ、ヤマハ
2. グラント・デイビス、FMF KTMファクトリー・レーシング・チーム・ランダース
3. タイラー・パーマー、ハスクバーナ

 

 

コメントは締め切りました。

edit