2021 WORCS ROUND 6 CEDAR CITY RACE REPORT:ROBERT&LAFOUNTAINE WIN BIG

WORCSレーシングの歴史の中で初めて、シリーズはユタ州シーダーシティの真新しいスリーピークスオアシス施設に向かいました。 スリーピークスオアシスは、シーダーシティから約15マイル離れたルンドハイウェイのプライベート会場で、ウォータースポーツ、UTVレーストラック、バイクジャンプパーク、ノンストップエンターテイメント、食事、その他多くのアトラクションがあります。 まったく新しいコースは、オフロードとモトクロスを組み合わせたもので、なだらかな丘や木々があります。

プレミアクラスのチャンピオンシップの順位は、FMF KTMファクトリーレーシングのテイラーロバートが世界オフロードチャンピオンシップシリーズ(WORCS)のラウンド6でチームメイトのダンテオリベイラを追い抜いたため、日曜日にさらに勢いが増しました。 KTMブランドでさらに1〜2回表彰台を獲得した後、2021年のタイトルでロバートとオリベイラが今シーズンこれまでにXNUMX回の勝利を収めているため、XNUMXポイントしか離れていません。

テイラーロバートは彼のレースについてこう言っています:

「最初のXNUMX時間は非常にハードに走り、かなり良いレースが行われていました。ずっとXNUMX秒以上離れていませんでした。 残りのパックからかなりうまく引き離し、超ハードにチャージした後、ようやく落ち着くことができ、ピットインした後、彼に少しギャップを引くことができました。 最後にちょっとメンテナンスして、そこから家に持ち帰りました。」

力強いフィニッシュでしたが、ロバートのペースではありませんでしたが、オリベイラは総合XNUMX位を獲得し、チャンピオンシップの順位でわずかXNUMXポイント戻っています。

オリベイラは彼のラウンドXNUMXのパフォーマンスについてこれをコメントしました:

「私はホールショットを打ち破り、テイラーがグリースを塗る前に約XNUMXマイルレースをリードしました。 最初のXNUMX時間は彼を追いかけ、ねぐらを食べただけで、順調に走りましたが、左手に水ぶくれができたため、レースの後半に減速しました。」  

ISDEの表彰台を獲得したばかりの一眼レフホンダのコールマルティネスは、ホンダCRF450RXに乗ってプロクラスの表彰台をXNUMX位で締めくくり、チャンピオンシップの順位でもXNUMX位になりました。

SLRHondaのライダーであるTalonLafountaineは、PurvinesYamahaのライダーであるMasonOttersbergとRPMKTMに搭載されたAngusRiordanに先駆けて、CRF2RXに乗ってPro250クラスの勝利を手にしました。

 

KTMがサポートするライダーのブランディ・リチャーズは、プロアム部門で別の素晴らしいライドを行い、競争の激しいクラスでXNUMX位の表彰台を獲得しました。

結果–ラウンド6 

 Pro 450(MC)の結果
1.テイラーロバート、KTM
2.ダンテオリベイラ、KTM
3. Cole Martinez、HON
Pro 250(MC)の結果
1.タロンラフォンテーヌ
2.メイソンオッタースベルク
3.アンガスリオーダン
プロアム(MC)の結果
1. Evan Stice、HON
2. Brandy Richards、KTM
3.アレックス・モーガン、HQV

コメントは締め切りました。

edit