ウィークリーフィード: 象徴的なモト • ビリーボルトとの 3 日間 • 出血ベータ

過去からの爆破

1983年、サウスウィックでCR125ホンダに乗って低く滞在していたチーム・ベッテンコート・ホンダのジョジョ・ケラーが、驚異的なシューター、ポール・バックリーに捕らえられた。 この写真は象徴的であり、「スクラブ」を発明したのは誰なのか、ジョジョとJS7のどちらなのかという物議を醸す議論のきっかけとなった。

 

NEWS

ヘルメットハウスは米国の新しい独占的SIDI代理店です

このエキサイティングなパートナーシップの主なハイライト:

  • SHOEI ヘルメットの米国独占販売代理店であり、HJC、Alpinestars、Molecule、Sena、Cardo、100%、Tourmaster、Cortech、NORU などの有名ブランドの販売代理店である Helmet House が、そのラインナップに名門 Sidi Boots を追加しました。
  • このパートナーシップは、1 年 2023 月 XNUMX 日に始まる、米国市場における Sidi Boot の流通の大幅な拡大を意味します。
  • 豊かな歴史、揺るぎない取り組み、品質に対する世界的な評判を備えた Sidi Sport は、ヘルメット ハウスのポートフォリオに加えるのに最適です。
  • 全国のライダーは、品質、快適さ、スタイルで有名な Sidi Boots を体験して、ライディング アドベンチャーをさらに充実させることを楽しみにしています。

www.ヘルメットハウス.com

スチュワード・ベイラー、全日本クロスに出場へ
国 
シーズンフィナーレは5月XNUMX日(日)

レーサー プロダクションズ (GNCCレーシング)は、XC1オープンプロレーサーのスチュワード・ベイラーが、5月XNUMX日(日)北志賀よませ温泉スキー場近くのX-JAM高井富士公園で開催されるAAGPシーズン最終戦に出場することを発表できることを嬉しく思います。

2020 年以降、GNCC と JNCC はパートナーシップを継続しているが、どちらのシリーズも参加者をそれぞれの国に、またはそれぞれの国から派遣することができていない。 今年でこのシリーズのパートナーシップは 19 年目を迎えます。

ベイラーは全日本クロスカントリーシーズン最終戦に出場するため海外へ向かう。 写真: ケン・ヒル

 

「日本に行くことができてうれしいです」 ベイラーは言った。 「長年にわたり、他のレーサーがチャンスを得ているのを見てきましたが、これは間違いなく私がレースキャリアの中でチェックしたい、やりたいことリストの一つです。 レースに出て、このようなことに参加できるのは間違いなくこの仕事の特典の一つだ。」

ベイラーは、ポール・ウィブリー、ロビー・ジェンクス(2006年)、ジェイソン・レインズ、チャーリー・マリンズ、ロドニー・スミス(2007年)、ネイト・カニーとサド・デュヴァル(2008年)、ジョシュ・ストラングとカイルブ・ラッセル(2009年)、コリー・バトリック(2010年)などのGNCCレーサーに続いている。 、ジェシー・ロビンソンとジェイソン・トーマス(2011)、ロリー・ミード、ジョシュ・ストラング(2013)、ジョーダン・アッシュバーン(2014)、クリス・バック(2015)、トレバー・ボリンジャー(2016)、リッキー・ラッセル(2017)、クレイグ・デロング(2018)。 そして最近では、アンドリュー・デロング (2019) が日本の GNCC レーシングの代表に選ばれました。

 

社会的歪み

モトクロス世界選手権で11回の優勝を共有するベルギー人カップル

 

ビデオジュークボックス

XNUMX 日間のビリー ボルトと非常にタフなヒスパニア ハード エンデューロ

ギアバッグ

ファストハウス.com

ニヒロコンセプト.com

 

ポリスポートコム

 

詳細についてはここをクリックしてください! 

アクシスプロニーブレース

EVS Axis Pro ニーブレースは、プレミアム素材で優れた保護と快適さを兼ね備えています。 その結果、カーボンファイバーの上部カフとアルミニウムの下部フレームを融合させたプロレベルの膝保護が実現し、信じられないほど剛性がありながら快適で、軽量で薄型の膝ブレースが実現しました。

evs-sports.com

Slavensracing.com

 

マイク・ウェッブ: 出血ベータ

これは弟のマイクのテキストと IG 投稿の簡単なカットアンドペーストです。 彼はベータレッドの血を流しています!

 

 

ウルフ:昔に戻る

アルゼンチンの ISDE が迫っている中、これは 350 年のスウェーデンの ISDE の 1990 日目の最終地形テストで故障したスズキ DR5 をレンタカーに積み込んでいるランディ ホーキンスと私のショットです。イベントは信じられないほどタフで、私にとってはまったく残念でした。初日の終わりに、私はほとんど走っていなかった馬を打ち負かしました。 ジェットを掃除するためにパルクフェルムでキャブレターを分解し、アウト前にかろうじてキャブレターをインパウンドに入れましたが、2日目には始動できませんでした。分解するのに15分かかりましたが、フロートボウルを取り付けていたことに気づきました間違ってフロートが閉じられ、ついに動き始めました。 トレイルは過酷で、雨でさらに醜くなりましたが、5日目の最終テストでチェーンを投げるまで…私は耐え続けました。 自転車を家に帰ってからは、デュアルスポーツにしてオフロードや峡谷を数年間走りました。

コメントは締め切りました。

edit