ラップアラウンド VS.フラッグハンドガード: 何でも知っているMR

親愛なるMr-Know-It-All様

世界のエリート ハード エンデューロ ライダーがフルラップ ハンドガードを履いていないのはなぜでしょうか?彼らは常に信じられないほどひどい地形を上下にマシンを発進させているように思えます。これにより、レバーが折れたり、クラッチやブレーキパーチが壊れたり、場合によってはスロットルアセンブリが損傷したりするのを防ぐことができます。これは私にとっては簡単なことのように思えます。物にぶつかったり、クラッシュしたりしましたが、フルラップのアルミニウム製ハンドガードのおかげで、ハンドルバーゾーンが深刻なダメージから救われました。

スティーブン経由 [メール保護]

理由を教えてください

すばらしい質問ですね、スティーブンさん。現実には、彼らは、降車時、衝突時、またはバーを越えた打ち上げの際に、バーから素早く手を離せることを望んでいます。障害物は劇的であり、通常は目に見えないため、フロントエンドが急激に落ちるとハンドルバーのグリップを失う可能性があり、手が前方に下がってしまうのは最も避けたいことです。このシナリオは醜いものになる可能性があります。エリートのハード エンデューロ アスリートのほとんどは、衝撃時に回転したり動きやすくするために、止まり木にインサートまたはテフロン ストリップを付けています。

理由を教えてください

続ける

親愛なるMr-Know-It-All様

ちょっと変な質問ですが、トレイルで起こり得る問題に備えようとするオフロードライダーとして、ライドするたびに持ち歩く最も重要なものは何だと思いますか?

デンバーダーク経由 [メール保護]

続ける

 

さて、友よ、これはもしもの缶詰を開けることです。パンクしたり、チェーンが切れたり、レバーが切れたり、シフターが折れたりした場合はどうなりますか?これが私の賢人です。まず、私は常に水を持ち歩きます。これにより、脳が活性化され、体が養われ、ポジティブな気分が保たれます。 XNUMXつ目は、私はいつも携帯電話を持ち歩いていることです。昔は、助けを得るということは、誰かを…誰かのために送ることが中心でした。現在の状況では、携帯電話の通信範囲は広く、ライディングパートナーの状況を把握したり、支援を求める SOS を送信したりするのに適した方法です。

道具に関して言えば、80年代に比べて私が持ち歩くものははるかに減りました。これらの機械は今日の機器ほど信頼性が低く、避けられないトレイルサイドのドラマに備えて多くの工具や予備が必要でした。ただし、私は次のものを持たずに家を出ることはありません。ドライバー(サスペンション調整用)。 8、10、12mm のヘッドが付いた小さな T ハンドル。 8、10、12 mm レンチ (KTM/ハスクバーナまたはガスガス取り付けの場合は 13 mm);ダクトテープの細片(私はバックフェンダーに貼りました)。安全ワイヤー;そして結束バンド。最後に牽引ロープ。道端で傷を負って馬が倒れてしまったとき、パイロットを持っているのは私だけだったことは何度あったかわかりません。それが私の最低限のことです。

最後に一言:私の現在の乗馬仲間は全員しっかりしていますが、私たちは常にお互いを支え合っています。離陸前にパウワウをして、誰がどの器具や予備を運んでいるかについて話し合います。これは、チューブ(よだれかけムースではない)を走らせるライダーにとって非常に重要であり、状況が暗い場合には、クルーの誰かがボルト、チューブ、ポンプ、マスターリンク、またはチェーンブレーカーを運ぶことがどういうわけかうまくいきます。

続ける

世界に向けて自分の無知をさらけ出すのをいとわないなら、その機会を誰が拒否できるでしょうか?失敗の証拠を送ってください。

Eメール: [メール保護] | メールアドレス: ダートバイク Mr. Know-It-All 25233 Anza Dr. Valencia, CA 91355

 

コメントは締め切りました。

edit