HOEFT トップス 2024 ハバスワークス

2024 年の WORCS ツアーの第 1300 ラウンドでは、ライダーたちは、今年最も体力的に厳しいラウンドの 450 つであるハヴァス湖に向かいました。クレイジー ホース キャンプ場のコースには 250 名を超えるエントリーが集まり、ビーチには観客が列をなしていました。ディフェンディングチャンピオンのジャスティン・ホーフトが圧倒的な強さを見せ、彼のパーヴィネス・レーシング・ヤマハXNUMXが今季初勝利を挙げてトップに立った一方、メイソン・セメンスは後方から逆転してXNUMXプロでさらなる勝利を収めた。ダスティン・デイビスは、ガスガスをプロAMで勝利に導く勢いに乗っていました。

メイソン・セメンス

週末初めは曇りやところどころにわか雨に見舞われたが、日曜日は微風と気温70度半ばの最高の天気となった。水上では、オフロードの最高のライダーがレースをするのに最適な素晴らしい日でした。タイラー・リンとメイソン・セメンスが集団後方からスタートし、激しい競争が続いたが、エンジンの始動不良により序盤に混乱が生じた。レース序盤、ヘフトをトップに据えた20人のライダーが、デア・デマルティールとコール・マルティネスとポジションを交換し、マシンを最大限にプッシュした。ハバスはサーキットの中でも短いコースのひとつで、トップ勢はこの場所でXNUMX周強を周回することになった。

デア・デマルティール(200メートル)は今週クラッチトラブルに見舞われたが、XNUMX位に終わった。

中間点付近で、ベータ・リキモリ・フィジー・ウォーター450に乗るデマルティールは5位に座っていたが、リンが彼と競り合い、パスを出してチームメイトのコール・マルティネスのすぐ後ろについた。クラッチの問題により、ポイントを維持するために調子を落とした中間点以降に後退し、4位に後退してそこでフィニッシュした。ホーフトのチームメイト、ジャック・シンプソンはこれを利用してバイクを3位につけた。混乱が収まると、デマルティールが7位となり、レースを通してマルティネスとバトルを続けたが、パススティックを作ることができなかった。これで彼はポイントリードを保ったまま、次のラウンドの中間点に向かうことになる。マルティネスはビーチを素晴らしい走りで再びXNUMX位を獲得した。しかし、それはヘフトのショーであり、彼はクリニックを行い、ライバルたちを引き離し、シーズン初勝利を達成し、デア・イン・チャンピオンシップからわずかXNUMXポイント差に迫った。

250プロップクラスではジェイク・アルバレスがホールショットを獲得した。

ラウンドごとに、250 Pro クラスはさらにエキサイティングになります。このクラスの誰でも、今年のレースで優勝してポイントを揺るがすスピードとポテンシャルを持っている。 RPM Racing FMF KTMに乗るジェイク・アルバレスはホールショットを掴み、ラグーンジャンプによる大幅なステップダウンを成功させた唯一のライダーの一人として飛行を続けた。残念ながら、彼は機械の故障でその日を早々に終えてしまいました。 SLRホンダはコリアー・マルティネスをサポートし、今シーズン初のWORCSレースに出場し、スムーズなライディングスタイルを披露して5位でフィニッシュした。シーズンが進むにつれ、コルトン・エック、カイ・アイエロ、コール・ゼラーがファンにショーを披露し、このレースの素晴らしい部分をわずか数秒の差で争う注目のグループとなるだろう。ゼラーとセメンスは集団の後方からスタートしたが、その状態は長くは続かなかった。セメンスはスタートから10秒以上遅れて、わずか数周で最後尾からトップに浮上し、リーダーボードを急上昇させた。一度リードを奪うと、軽いクラッシュでバイザーを付けずにレース後半を迎えた後も、そのままの状態を維持した。勝利後のチャンピオンシップポイントではエックをわずかXNUMXポイント上回っている。今年も絶好調のゼラーがそのペースを続け、セメンスを視界に留めて転倒後も迫ったが、XNUMX位に落ち着いた。コルトン・エックはハッチ・レーシング・カワサキを今季XNUMX度目のXNUMX位につけた。彼とカイ・アイエロも激しいバトルを繰り広げ、各周でビーチを通過する群衆の声援を受けていた。

ダスティン・デイビスはプロアマで一日中レールの上にいて、ガスガスマシンのワイヤーを配線していました。ホールショットを掴んだ後、彼に必要なのはライダーの集団から離れ、スピードを誇示し、この荒れた危険なコースを飛び抜けることだけでした。今シーズンのWORCS Pro-AMの新ライダー、ノア・ゴードンは、現在ポイントリーダーのジャクソン・グラサーと激しい戦いを繰り広げたが、中間点を過ぎたところでグラサーはほんの数秒地面に倒れ、ゴードンのパスを許した。残りのレースではその順位を維持した。グラサーは今シーズン、3回中4回の表彰台獲得でポイントリードを広げている。土曜日にはケイトリン・ジェイコブスが100位でフィニッシュし、激しい脳震盪から復帰し、XNUMX%の状態に戻ったことをうれしく思っている。

コメントは締め切りました。

edit