ファンティックがすべての新しい燃料噴射300CC 2ストロークを発表:XNUMXストローク火曜日

Fantic Motors は、待望の XE300 燃料噴射 XNUMX ストローク量産モデルが今年後半に発売されることをついに発表しました。 このマシンには、フレーム、スイングアーム、サスペンションコンポーネントなど、ヤマハの XNUMX ストローク部品が多数搭載されているため、このマシンが米国市場に輸入される可能性はほとんどありません。

過去 2 年間、この燃料噴射式電気スタート エンジンのバージョンを確認してきました。EICMA モーターサイクル ショーに初めて登場しました。 今シーズンのJ300ジュニア世界選手権で優勝したアルビン・ノルビンのようなキャブレターが装着されている場合もあります。 ISDE 優勝者でイタリアチャンピオンのダヴィデ・グアルネリは、XEXNUMX 燃料噴射バージョンの開発に大きく貢献しました。

XE300 2 ストローク ミナレリ エンジンは、Euro5 に準拠し、燃料噴射式で電気始動機能を備えており、2023 年末までに市場に投入される予定であると言われています。 Fantic は XE300 について次のように述べています。

「市場で最高のパフォーマンスを誇る 300cc エンジンと革新的な冷却システムにより、妥協のないパフォーマンスを実現します。」

Fantic 氏はまた、当初からの目標は次のものを構築することであったと述べました。

「非常に高性能なエンジンは、素晴らしいパワーを保証しますが、すべての速度で規則的かつ完全なトルク曲線」と「革新的な冷却システム」を備えています。

エンジン開発は、Dell'Orto 電子ダブル インジェクター システムを中心に行われ、Fantic が強力なパワーを生成しながらも、主な目標として乗り心地を維持したいと考えたエンジンを作成しました。

当然のことながら、バイクの残りの部分はすべての Fantic モデルと同じ仕様であり、ヤマハ アルミニウム セミデュアル クレードル フレーム、カヤバ サスペンション、日清製ブレーキ、アロー エキゾースト システムを意味します。

電動スターターもミナレリ社によってイタリアの社内で設計されており、新しいバイクには油圧クラッチも搭載されています。

上の画像でわかるように、Fantic は、ハンドルバーのマップ スイッチで調整できる、さまざまな状況やさまざまなライディング ニーズに合わせて 300 のパワーを制御できるマルチレベルのトラクション コントロール システムも開発しました。

それが生み出すとファンティックに言う 「準拠する力」 ただし、ヤマハのオリジナル装備どおりの 5 速トランスミッションのままですが、電子排気バルブにより、あらゆる速度および各ギアで一貫したトルク曲線を生成するのに役立つ電子排気バルブにより、EuroXNUMX 規格を維持しています。

オイルとガスのフィラー キャップはタンクの上部に一緒に配置されているため、簡単にアクセスでき、Fantic プラスチックの人間工学に基づいたデザインと一致しています。

コメントは締め切りました。

edit