ハーカーがオレゴン・エンデュクロスでトップに戻る

コルトン・ハーカー:「モトXNUMX勝になるはずだったけど、ヒートXNUMX回目で、すべきではないときにラップ選手を追ってしまい、そこでミスをしただけだった。それでも総合優勝はできた。それが重要なことだ――僕のシーズン全体初。 今夜は第XNUMXモトの最終ラップを除くすべてのラップをリードしていたと思う。」

 

オレゴン州レドモンドで行われたIRCタイヤエンデューロクロスシリーズ第1戦では、ロックスター・エナジー・ハスクバーナのコルトン・ハーカーが3-1-XNUMXで総合優勝し、自身とFMF/KTMのトリスタン・ハートを抑えて、XNUMX戦中XNUMX人目の総合優勝者が誕生した。ファクトリーベータライダーのジョニー・ウォーカーがシリーズポイントリードを奪い、ネバダ州リノでの最終ラウンドに臨む。

ハーカーはXNUMXつのモトすべてで早い段階でリードを奪い、その夜を席巻する恐れがありましたが、モトXNUMXの最終ラップで、ハーカーはフィニッシュから数ターンでラッパーともつれ、トップの座をハートに明け渡し、ウォーカーがXNUMX位になりました。そしてハーカーがXNUMX位。

 

トリスタン・ハート:「昨年と同様に、再び危機に瀕している。 私たちの間にはXNUMXポイントあるが、ハーカーの助けが必要になるだろう、そして彼はうまく乗っているので、それは可能だ。 私とコルトンの間は非常に接戦で、最終レースでは勝者総取りとなった。 モトXNUMXではジャンプできなかったが、このトラックではパスするのが難しかったので、それが重要だった。 今日はチャンピオンシップで多くのポイントを獲得できたので、これからはリノに期待します!」

 

ハートは、最初の2つのモトで1番目と3番目で、XNUMX番目と最後のモトに向かうハーカーに対して夜の総合ポイントリードを保持しました。 しかし、その夜の最終ヒートでハーカーがホールショットを決め、ハーカーとの契約が決定した。ハスクバーナのライダーは刺激的なレースを展開し、ウォーカーを抑えてフラッグ・トゥ・フラッグで勝利し、ハートがXNUMX位となった。 ハートはこの夜の総合XNUMX位に残念だったが、XNUMX-XNUMX-XNUMXフィニッシュでチャンピオン争いでウォーカーに一歩近づいたことに満足し、現在わずかXNUMXポイント差に位置し、危うい最終ラウンドへの布石を打った。リノがチャンピオンシップを決定する。 ハーカーはスタートで順調にスタートを切り、XNUMXつのモトすべてでホールショットを獲得した。

 

ジョニー・ウォーカー:「最初のヒートでは緊張を感じた。 レースに参加したばかりで、狙っていたトリプルを達成できず、ところどころでタイムをロスしてしまいました。 ヒートXNUMXでは自分にペースがあったと感じていましたが、コルトンが最終ラップでダウンしたため、トリスタンに次ぐXNUMX位になりました。 接戦のレースで、最終ヒートでは総合優勝のチャンスがあったが、コルトンのクロスジャンプで順位を落としてしまい、XNUMX位に落ちてしまった。」

 

夕方早くにホットラップ最速タイムを記録したウォーカーは、コースにまったく噛み合っていないと感じ、3-2-2モトでXNUMX位に終わった後、チャンピオンシップでXNUMXポイントのリードを保ってその夜を逃げ切ることができたことに満足していた集計。

「おやすみなさい」とウェッブは言った。 「公平に言うと、結局は精神的なことが原因だったと思う。 昨日トラックを見て、「このトラックは本当に好きではない」と思いました。 そしてそれは示されました。 ただしっかりと乗っていただけです。 突撃しようとしたらアームパンプされてしまう。 ただ、おやすみなさいません。」

 

FactoryONE ShercoのCody Webbは、より高速で技術の低いトラックに問題を抱え、5-4-4のモトフィニッシュを記録した後、その夜4位で逃げました。 ロックスター・エナジー・ハスクバーナのライダー・ルブロンドは5-6-XNUMXで総合XNUMX位となった。

「スタートはかなりゆっくりでした」とルブロンドは語った。 「プラクティスでは良いラップを刻んだと思っていたが、その後のタイムはXNUMX位かXNUMX位くらいで、『すごい煙だ、長い夜になるかもしれない』と思った」 モトが回ってきたとき、特に最初のモトでXNUMX位を獲得して、少し状況を好転させましたが、今夜はただ衝突しただけではありませんでした。」

RPMレーシング/KTMのウィル・リオーダンはモトスコア7-6-5で6位となり、ファクトリーワン・シェルコのクーパー・アボットの8-8-10を上回った。 一方、アリゾナ・ガスガスのライダー、マックス・ガーストンは7勝7敗8分の成績で10位となった。 ファクトリー・リエジュのライダーであるポーランドのドミニク・オルショフスキーは、シリーズを通して9位から10位付近をうろうろしていた。 レドモンドでは9勝9敗11敗でXNUMX位となった。 アイダホ州のアンソニー・ジョンソン(KTM)がXNUMX勝XNUMX敗XNUMX敗でトップXNUMX入りを果たした。

ハリー・マークス:「素晴らしい気分だよ。 私がほぼ全レースをリードしたのは今回が初めてです。 カイリーに抜かれたときは心臓発作を起こしそうになったが、リードを取り戻すことができた。」

 

EX女子プロ部門では、モンタナ州のハリー・マークス(Shr)が準優勝のオレゴン州のカイリー・スウィーテン(GG)との戦いの末、メインイベントで優勝した。 スウィーテンは短時間マークスからリードを奪うことができたが、マークスが反撃して勝利を収めた。 メリサ・ハーテン(ベット)が3位となった。

Progressive シリーズが提供する IRC タイヤ エンデューロクロス シリーズが 18 月 XNUMX 日にネバダ州リノで閉幕th第XNUMXラウンドと最終ラウンドはリノスパークス家畜イベントセンターで行われる。 詳細については、www.endurocross.com をご覧ください。

レドモンドの全体的な結果

  1. コルトン ハーカー、Hsq、1-3-1
  2.  トリスタン・ハート、KTM、2-1-3
  3.  ジョニー ウォーカー、ベータ、3-2-2
  4. コディ・ウェッブ、シャーコ、5-4-4
  5. ライダー ルブロンド、Hsq、4-5-6
  6. ウィル・リオーダン、KTM、7-6-5
  7.  クーパー アボット、シャーコ、6-8-8
  8. マックス・ガーストン、GG、10-7-7
  9. ドミニク・オルショフスキー、リエジュ、8-10-9
    10. アンソニー・ジョンソン、KTM、9-9-11

チャンピオンシップ順位表
1. ジョニー ウォーカー、124 ポイント
2. トリスタン・ハート、117歳
3. コルトン・ハーカー、112歳

コメントは締め切りました。

edit