グレン・ヘレン・ストップウォッチ・ナショナルズ: 非公式アウトドアシーズン開幕戦

何年もの間、南カリフォルニアMXファンの間ではグレンヘレンナショナルの復活を求める抗議の声が上がっていた。いつかそうなるかもしれないが、今のところ常連たちは、春になると毎週木曜日に象徴的なサンバーナーディーノのトラックでミニナショナルが開催されることを知っている。グレンヘレンは今でもほぼすべてのモトクロスチームに重要なテスト要素を提供しています。実際のレースの状況を他の場所で再現するのは難しいため、南東部に拠点を置くチームでさえ定期的に南東部を訪れます。

ピアース・ブラウンは、モト250でガスガス450をフロントに置き、最初のターンまでXNUMX台の集団を破りました。

今年、トロイ・リーとバド・フェルドカンプは、10,000月の木曜日をランダムに選び、それを正当なものにすることに決めた。彼らは、控えめなXNUMXモトレースにライダーたちを並べ、賞金XNUMX万ドルを賭けた。実際のゲートドロップやバーからバーへのレースで、シーズン前の良いウォームアップとなりました。

ジェイソン・アンダーソンはビジネスがすべてでした。彼はレースではなくテストのためにそこにいたのだ。

木曜の常連全員が並びたがったわけではない。ジェイソン・アンダーソン、ジョー・シモダ、キャメロン・マカドゥー、セス・ハムメーカーといったライダーも会場にはいたが、サイドラインから観戦することにした。彼らは独自のテストのためにそこにいたが、4000位の賞金XNUMXドルでさえ、満員のゲートに並ぶ気にはなれなかった。低税率のライダーにとって、賞金は十分なインセンティブとなった。

ブロック・ティックルは依然として絶好調だ。彼の3勝1敗のスコアは高額の給料を得るのに十分だった。木曜日としては悪くない。

モト250のゲートが下がったとき、前には興味深いライダーがいました。 BarXスズキのライダー、デレク・ドレイクとピアース・ブラウンが先頭に立った。実際、ブラウンはトロイ・リー・ガスガス MC450F ファクトリー・エディションでフルゲートの 450 台を相手にホールショットを争っていました。チームメイトのライダー・ディフランシスコとレッドブルKTMのジュリアン・ボーマーも同様だった。最終的にブラウンは先頭に立ったが、2年代には彼には何もなかった。ライダー・ディフランシスコが3位、プロサーキットのテストライダーであるブロック・ティックルがXNUMX位となった。第XNUMXレースでは、ブラウンとドレイクはともに早々にダウンを喫した。最初はすべてくすぐったいものでした。ディフランシスコはモト終盤までビューマーに抜かれるまでXNUMX位を維持した。彼のXNUMX-XNUMXスコアは、ティックルに次ぐ総合XNUMX位としてはまだ十分だった。 

ライダーDは速かったが、モト2でフェードアウトした。彼の3-XNUMXスコアはXNUMX位としては十分だった。

ストップウォッチ・ナショナルは毎年プロモトクロスシーズンの実質的な開幕戦となるのだろうか?それはわかりません。現状では、スーパークロス、プロモトクロス、SMXを組み合わせると、シーズンはすでに非常に長く、ほとんどのプロチームはすべてのラウンドに出場するのに苦労しています。しかし、バドとトロイが参加することを知っていたように、彼らはすでにグレン・ヘレンを計画に入れています。唯一の違いは、支払いがあることです。

ロビー・ウェイジマンはグレン・ヘレンの常連です。得点は17/9で全体11位となった。
同じくファクトリーライダーの下田丈もコースサイドから観戦していた。
デレク・ドレイクは最初のモトの大部分をリードしました。
ジュリアン・ボーマーは総合450位に上がるまでにたくさんのXNUMX台をパスしなければならなかった。
NGPCチャンピオンのダンテ・オリベイラは、モトクロス専用ライダー全員に対して4位でした。

 

  1. ブロックくすぐり 3/1
  2. ライダー ディフランチェスコ 2/3
  3. ジュリアン・ボーマー 5/ 2
  4. ダンテ・オリヴェイラ 4/6
  5. マーシャル・ウェルティン 6/5
  6. デレク・ケリー14/4
  7. パーカー・ロス 12/7
  8. CJ ベナール 10/10
  9. マテオ・オリベイラ 13/8
  10. ロマンパプ 9/13
  11. ロビー・ウェイジマン 17/9
  12. ジョシュ・モシマン16/11
  13. ブロック・ベネット19/12
  14. レブン・ゴードン18/14
  15. ピアスブラウン 1/31
  16. コール・マルティネス 8/27
  17. ジャクソン・パスカル 20/16
  18. デイトン・ブリッグス 7/30
  19. キャメロン・ホーナー 21/17

20. カイル・エパーソン 27/18

コメントは締め切りました。

edit