カーソン・ブラウンのYZM500ヤマハビッグボアプロジェクト:2ストロークチューズデー

ヤマハが最後にオープンクラスの2ストロークを製造したのは、デイモン・ブラッドショーとダグ・デュバックが500ccアウトドアナショナルでレースに出場した時で、空冷式でした。ヤマハが現代のビッグボア2024ストロークを製造したらどうなるでしょうか?テストライダーのカーソン・ブラウンが製作し、BRCレーシング500occエンジンを搭載したこの50 YZMXNUMXプロジェクトバイクのようなものになると思います。このプロジェクトのすごいところは、フレームに大きな変更が不要だったことです。

Hygge コーンパイプ、Hinson クラッチカバー、コーティングされたサスペンション、カーボンファイバー製ガスタンク、Guts グリッパーシートカバー、Backyard Designs の完全カスタムクロームグラフィックキットにより、ワークスバイクのような雰囲気が醸し出されています。

Devol は、ライダーがバイクの後部を自分の好みに合わせて調整できる調整可能なリンケージを製造しています。

Renthal ドライブ システムは、BRC レーシングのパワーをすべて後輪に伝えます。

BRC レーシング エンジンは、YZ250 シャーシのあらゆるスペースを占めます。

Guts グリッパー シートは、追加されたパワーでカーソンをバイクに留めておくために必要な牽引力を追加しました。

CRM のカーボンファイバー製ガスタンク。

Enzo によって調整された A-Kit と Devol 発射システム。

チタンプロペグ。

 これは、スタンドに置いただけで速そうに見えるバイクの 1 つです。 

Backyard Designs のカスタム クローム グラフィックは、90 年代初期のビッグボア ヤマハ XNUMX ストロークへのオマージュであり、実際に太陽光が当たると非常にクールに見えます。

次号の Dirt Bike Magazine で完全なテストが公開されるので、お楽しみに! それまでの間、このマシンで楽しんでいるカーソン ブラウンの RAW 映像をお楽しみください。

コメントは締め切りました。

edit